生後5〜6ヶ月の赤ちゃんにオススメの離乳食とは?

離乳食初期とはいつからのことをいうのか?
離乳食初期とは、赤ちゃんが初めて母乳やミルク以外の物を口にする時期のことをあらわしています。一般的には5〜6ヶ月頃からと言われていますが、個人差があることなので育児本などにとらわれずに、きちんと我が子の様子を見てあげましょう。家族の人が食べている様子を見ながら、口をパクパクするなどがごはんを食べたいというサインの1つと言われているので、よく観察してみて下さいね。きっと何らかのヒントが眠っているハズです。赤ちゃんのサインが見られてから離乳食を開始した方が、いろいろとスムーズに進み、ママのイライラや苦労も半減しますよ。
・離乳食初期にオススメの食べ物について
最初は何を食べさせたらいいのかしら?これを食べさせても大丈夫?など、考え始めたら悩みはつきないと思います。そんな時、まずは『土の中から採れる野菜』から食べさせてあげて下さい。具体的には、じゃがいも,にんじん,たまねぎ,だいこん,さつまいもなどです。お買い物の荷物は少し重くなってしまいますが、それは旦那さんの力を借りて下さいね。土の中から採れた根菜類は、葉物の野菜と比べると害虫などもつきにくく、またアレルギー反応もほぼ皆無なので、安心して赤ちゃんに与えることができます。まず赤ちゃんに素材の味を覚えてもらうために、数種類を混ぜるのではなく1種類ずつ与えてあげると良いでしょう。
・離乳食をあまり食べてくれない時の改善方法
「うちの子、あんまり食べなくて。。」と悩み途方に暮れているママさんは多くいると思います。離乳食を始めたばかりの赤ちゃんには、まだ明確な好き嫌いはありません。自己主張が出てきて、好き嫌いがはっきりしてくる前に、なるべく多くの食材の味を教えてあげましょう。赤ちゃんは、ちょっとした工夫でビックリなぐらい食べるようになったりします。具体的には、椅子に座らせて食べているなら最初はママのお膝の上で食べさせてあげる、授乳とのタイミングを考えてあえてお腹が空いている時に食べさせる、お昼寝後のご機嫌な時間に食べさせる、食器をカラフルな物に変える、ママが食べているところを見せながら一緒に食べようと促す、などなどです。是非、試してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です