7ヶ月になった赤ちゃん離乳食

7ヶ月の赤ちゃんの離乳食は少し食べられるものも増えて色々なレパートリーが増えます

「麺類を使った離乳食」
おかゆばっかりだと赤ちゃんも毎日飽きてしまいまた、色々な食べ物に挑戦させてあげなければいけません。
そんな時は、うどんやそうめんを使った離乳食がオススメです。
柔らかく茹でたうどんを潰してあげて、ニンジン、ほうれん草を茹でつぶしたのと混ぜて鰹節で出汁をとり合わせて混ぜます。
それに油抜きしたツナをいれてあげてもいいです。
野菜も沢山食べれていつもとは違った離乳食で子供がよく食べていました。
このメニューは大きくなっても作ってあげられます。
そうめんで作るのもオススメです。

「ご飯で作った時の物で赤ちゃんの離乳食も」
例えば、晩御飯がグラタンだったら赤ちゃんも同じメニューにします。
市販で売っている赤ちゃん用のホワイトソースを使ってジャガイモやブロッコリーを小さく潰して混ぜて家族みんなと同じグラタン風の離乳食です。
かぼちゃやサツマイモを使って合わると甘いので良く食べてくれます。
お味噌汁を作る時なんかも、赤ちゃんにも豆腐やお味噌にいれる野菜をつぶして出汁と合わせあげます。
お魚は白身魚しかダメなので気をつけて選び、赤ちゃんにあげる時は出汁でもいいですが
ホワイトソースで混ぜてあげた方がよく食べてくれました。
晩御飯に野菜スープを作る時なんかはコンソメをいれる前に赤ちゃん用にその味つけする前のスープを取っておき冷凍しておくと、使えるので便利です。

「簡単においしくママも楽なやり方で」
7ヶ月だとまだある程度つぶしてからあげないといけないので、野菜は柔らかくなるまで煮てあげないといけません。
でも、野菜の中でニンジンはどうしてもあまりおいしくなくて食べてくれない時があります。
その時は、茹でるよりレンジでチンしたげた方が味は美味しいです。
ニンジンだけで食べてくれない時なんかは、かぼちゃやサツマイモの甘い野菜と混ぜてあげていました。
そうしたらよく食べてくれます。
まだ、量も少ないのでレンジでチンして作る方がママも楽だと思います。
潰すのがめんどくさい時はフードプロセッサーなどを使って時短に作って楽していいと思います。沢山作って冷凍しておくとママも楽できます。
どんどん大きくなるにつれて離乳食もメニューが増えます。
毎日作るのは大変なのでママもたまに手を抜きながら赤ちゃんが食べれる食材に気をつけながら楽しく離乳食を作ってあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です